銀行なら低金利でお金を借りられる

銀行からお金を借りる場合、家や車の購入といったように目的が決まっている場合はそれにあったローンを 組んで借りるようになります。 今までは銀行から借入をするときはこのような借り方が一般的でしたが最近では、銀行でも消費者金融のローンと同じように 使用目的を限定することなく決まった金額の範囲内で繰り返し借入ができるカードローンと呼ばれる商品を取り扱うところが増えてきました。 このカードローンが出てくるまでは急いでお金が必要なときや生活費の補てん等は消費者金融での借入というイメージが強かったのですが 最近では、これらの用途でもカードローンの利用者が大変増えています。


銀行カードローンメリット

☆ゆとりの限度額、安心の低金利

借入限度額は消費者金融がだいたい300万~500万円なのに対し、貸出資金が豊富にある銀行は500万~800万円とかなりの高額に設定することができます。 そして金利も銀行のカードローンだったら2.5%~15%前後と消費者金融の4.5%~18%という数字に比べて低い設定になっています。 また銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法規に従い運営をしているのですが貸金業法では個人の借入総額が原則、 年収の1/3までに制限される総量規制を受けます。 一方、銀行の場合はその総量規制の対象外となるのでより多くの金額を借入することが出来ます。 簡単にいうと年収300万円の人が消費者金融で借入をしようとしたら100万円以下の借入限度額となりますが銀行で借入をすれば審査に通れば 300万円以上でも借りることが出来るんです。

銀行という安定感・安心感

消費者金融で借入をするよりやはり銀行から借入をしたほうが精神面でも安心感を得られますよね。 もちろん消費者金融も一昔前のヤミ金とは全然違うので借入に問題はありません。

簡素化された手続き・スピーディーな審査回答

銀行カードローンは目的ローンにくらべ提出書類等が少なく来店も不要で手続きはすべてインターネットでできるところもあります。 早ければ30分程度で審査回答が出て即日入金というのも可能です。 急を要する場合でも十分間に合いますよね。

ATMの設置台数、利便性の高さ

銀行のATM、コンビニATM、提携ATMは全国に多数あるので外出先で必要になっても困ることはありません。 ATMの利用手数料がかからない銀行もありますので例えば土日や祝日にお金が必要になったときは手数料をかけて自分の口座から引き出すより カードローンで借入をしたほうが安く済む場合もあります。 このように銀行でお金を借りられるのは目的が明確に決まっている方だけではありません。 使い勝手もとても良いものなので借入をしようと思ったらこの銀行カードローンも選択肢の一つに加えてみてください。


<お金借りたいQ&A>女性に向けたレディースキャッシングとは

お金を借りる方法でも特に人気の高い方法としてキャッシングがあげられます。 お金を借りるというと来店して手続きをする必要があるイメージがありますが、キャッシングの場合は来店以外にも様々な方法が用意されており、自宅からでもすぐに申込が可能です。 自宅から申し込める方法では電話もありますが、最近はインターネットが人気となっています。 インターネットの場合はすぐに審査の結果もわかりますし、オペレーターと話手間などもかかりません。 そして無事審査に通ることができれば、多くの場合はその日のうちに振り込みを行ってくれますので、すぐに現金が欲しいと言うときはとても便利なものです。 そして、女性の場合は借入に抵抗があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 男性と比べて収入が少なめということも多く、審査に通るかどうかは心配もあるかもしれません。 でも、多くの場合はアルバイトやパートなどの方にも対応していますので、女性の方も安定した収入があれば利用できることが多くなっています。 女性向けの借入を利用するのであれば、レディースローンを利用してみるのもおすすめです。 レディースローンといっても、ほとんど普通のローンと同じですが、窓口で対応してくれるスタッフが女性であったり、電話相談の場合も女性スタッフが対応してくれたりすることがほとんどですので、より安心して相談を行うことができるようになっています。 女性の方で借入に抵抗があるというなら、レディース向けのサービスが充実しているところを選んでおけばより安心です。